慶應義塾大学医学部 血液内科

Division of Hematology Department of Medicine Keio University School of Medicine

血液内科トップ教育 > 血液内科出身・現所属医師からのメッセージ

教育 血液内科出身・現所属医師からのメッセージ

塚田 唯子(東京都済生会中央病院 血液内科 医長)

東京都済生会中央病院 血液内科 医長
慶應義塾大学医学部血液内科学教室 非常勤講師
厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 医薬品等安全対策部会委員


はじめに

幹細胞が分化し、特有の機能を持ち成熟していくように、若手医師・学生の方々もご自分の進路を考えるべくこのページをご覧になっていることと思います。
私は2001年に慶應義塾大学医学部血液内科学教室に入局して以来、現在も勤務先である東京都済生会中央病院で血液内科の臨床を続けている立場からメッセージを書かせていただきますので、血液内科に興味のある方々へご参考になれば幸いです。

なぜ血液内科を選んだのか

患者さん・ご家族・医療スタッフが手を携えて闘い、難病を克服していくことに魅力を感じたからにほかなりません。
いずれの診療科も、極めてやり甲斐があることは言うまでもありませんが、研修医として種々の診療科で学ぶ中、青天の霹靂のように血液疾患と診断された患者さん・ご家族に対し、より質の高い診療を常に心がける慶應血液内科チームの一員として学びたいと考えて慶應の血液内科学教室を選びました。特に女性医師や全国の医学部生がこのページを閲覧されていることを想定して書き添えますが、私は音楽高校を卒業後、音楽大学を経て医学部に入学し、他大学卒かつ現役に4年遅れの入局でしたが、素晴らしい同期や先輩の先生方に恵まれ、特に不自由を感じたことはありませんでした。

慶應血液内科を選んでよかった点

慶應血液内科を選んで良かったBest 3は以下の通りです。
1) 質の高い臨床
超一流のスタッフの先生方から血液疾患全般について学べるということは、臨床医を目指す医師にとってなににも代え難い魅力です。慶應血液内科の臨床は、文字通り血液腫瘍医療・血小板凝固医療を築いた先生方のDNAが受け継がれる臨床です。慶應血液内科は造血幹細胞移植のパイオニア的存在でもあり、此処で臨床医として出発することができたのは、私にとって非常に僥倖でした。
2) 質の高い基礎研究
私は病棟医として勤務しながら、血管内皮細胞の研究に携わる機会を頂きました。最先端の実験器具を用い、細胞を目の当たりにして、自分で立てた仮説を検証していくプロセスは、臨床医として患者さんに向き合う現在となっても非常に得難い経験となっています。基礎研究の進歩なくして治療成績の改善は有り得ず、同じ教室の中で基礎研究者と臨床医が意見を交換できることは大きな魅力です。
3) 豊富なネットワーク
たくさんの患者さん・ご家族と出会えること、そして診療・研究に携わる医師や、看護師・検査技師をはじめとする多職種の方々と出会えることは一生の宝物となります。 国内外を問わず、多彩な範囲のスペシャリストとまさに今日からつながれることで、何人もの患者さんの問題解決の扉を開けることが出来ました。

これまでのキャリアで工夫した点

現在の私の勤務先では、スタッフの半分が女性医師となっています。非血縁者間移植症例も含め、常時50人前後の入院患者さんを管理するにあたり、私の勤務先では個々の患者さんを血液内科スタッフ全員が担当することでシームレスな診療を行ない、かつ医師が完全な休日をとることが出来るシステムとしています。女性・男性にかかわらず、医師も1人の人間として様々なライフイベントに遭遇しますが、スタッフ同士が(骨髄中の多彩な血液細胞のように)それぞれの特性を活かしながら有機的に助け合うことで、柔軟性に富みながら強さもある、かつ和気藹藹のチームとなるように、そして患者さんへより良い医療が提供することができるように心がけています。

後輩へのメッセージ

私は21世紀の幕開けとともに入局しました。それは奇しくも本邦でTKIや抗CD20モノクローナル抗体が使用できるようになった黎明期であり、研修医時代に救えなかった命が助けられるようになるのを目の当たりにしてまいりました。薬物療法・移植医療は進歩を続け、画期的なCAR-T療法も進化し続けており、今後、更に全く新しい概念の治療が生まれてくることも夢ではありません。このホームページをご覧の皆様が、この魅力あふれる慶應血液内科の臨床や研究に携わり、素晴らしい足跡を刻まれて行くことを心から願っております。

松下 麻衣子(慶応義塾大学薬学部病態生理学講座 准教授)

私は慶應義塾大学医学部を卒業して内科学教室に入局し、研修医2年目から血液内科の池田康夫先生の大学院に入学しました。当時は治療法も限られており、造血幹細胞移植をしても再発してしまう患者さんをみるにつけ、何とかならないかと強く感じていました。その後、慶應血液内科のご出身であり、腫瘍免疫学の分野で世界的に活躍されている河上裕先生が、長年いらしたアメリカの国立衛生研究所(NIH)から帰国され、医学部の先端医科学研究所細胞情報部門の教授に就任されたため、そちらで研究をさせていただくことになりました。先端研では基礎研究について一から教えていただき、白血病における新規がん抗原や、造血幹細胞移植後のGVL効果に関わるCD4陽性T細胞についての研究を行いました。

2001年から、アメリカ・ニューヨークにあるMemorial Sloan-Kettering Cancer CenterのMichel Sadelain博士の研究室でポスドクとして、CAR-T細胞の開発研究に従事しました。現在、CAR-T療法は急性リンパ性白血病やリンパ腫の治療法として大変注目されていますが、当時はかなりマイナーな分野で、実際に臨床応用されるのは大変ではないかと思っていましたが、その後、アメリカ、そして日本でも承認され、今では再発難治の患者さんにおいて重要な治療選択肢となっていることを感慨深く思います。

そして2010年に、芝共立キャンパスにある薬学部の服部豊教授の講座に赴任いたしました。服部先生も血液内科の先輩で、奇しくも留学先の研究所も同じというご縁がありました。薬学部では教育に携わり、臨床免疫学や薬物治療の講義・実習を行っています。薬剤師は以前より積極的に治療に関わるようになっており様々な知識や能力が必要なので、やりがいがあります。加えて、医学部の学生にもクルズスを行う機会をいただいており、薬学部の学生とはまた少し違う反応を楽しんでおります。

また、薬学部に異動した後も、岡本真一郎先生のご厚意で血液内科の臨床研究カンファレンスに参加させていただき、当時血液内科で行っていた慢性骨髄性白血病患者さんがイマチニブにより長期に分子学的寛解に入ってから服薬を中止した後の免疫反応に関する解析研究をさせていただきました。医局の先生方には、検体採取を含め大変お世話になりました。現在は、多発性骨髄腫を中心に、新たな抗原を標的とした遺伝子改変T細胞の開発や、薬剤の免疫修飾作用に関する研究を行っています。

このように、私は血液内科の実臨床からは離れておりますが、原点は慶應の血液内科で貴重な経験をさせていただいたことにあります。また、女性として出産、育児などのライフイベントの中でも、常に血液内科の先生方の温かいご配慮があり、仕事を続けて来ることができました。

血液内科の臨床は大変やりがいがありますが、研究も本当に面白い分野です。特に女性はフルに臨床業務ができない時期もあるかと思いますが、そういう時も別の角度から血液疾患に関わることができることを知っていただければ幸いです。

矢部 麻里子(Memorial Sloan Kettering Cancer Center 血液病理学教室スタッフ)


略歴

1998年慶應義塾大学医学部卒。
内科研修医(慶應義塾大学病院、けいゆう病院、永寿総合病院)を経て、2001年に慶應義塾大学医学部血液内科に入局。
2007年に米国Scripps研究所に留学。
その後、米国医師免許を取得し、病理診断学・臨床検査医学の研修医(2010年-2014年、Mount Sinai St. Luke’s-West Hospital, NY)、血液病理学の専修医(2014年-2016年、MD Anderson Cancer Center, TX)を終了後、2016年よりMemorial Sloan Kettering Cancer Center 血液病理学教室スタッフ。
造血器疾患の診断に従事。
米国病理診断学専門医、米国臨床検査医学専門医、米国血液病理学専門医。

なぜ血液内科を選んだのか

理由は良く分かりません。ただ単純に惹かれました。 学生時代に造血器系・血液内科の授業が楽しく、内科の研修医になった後も裏切られることなく、ここしかない!と迷わず決めました。血液内科に入局後、スタッフとして実際に働いている際に、自分の興味は「診断」の部分にあることに、遅ればせながら気がつきました。 病理診断学を学び直し、専門を血液病理に変えて、今に至ります。

慶応血液内科を選んでよかった点

慶應の血液内科で学べるというのは非常に贅沢な環境です。 日本の血液内科を牽引されている先生方に囲まれます。 また、私個人の特殊なキャリア形成を振り返ると、ターニングポイントになる全てのタイミングで、慶應の先生方が助けてくださいました。 Scrippsに留学できたのも、米国医師免許を取得後に研修医・専修医選抜を勝ち抜けたのも、全て先輩方のサポートのお陰です。 今のポジションにおりますのも、先輩方のお力添え無しには、なし得なかったことです。

やりがいを感じる点

やりがいと言えるかどうかは分かりませんが、仕事が楽しいです。 楽しい仕事が、患者様方のお役に立て、社会に貢献できているのであれば、これ以上嬉しいことはありません。

これまでのキャリアで苦労された点

米国移民一世なので、アメリカに来て最初の10年(Scrippsでのポスドク、NYでの研修医、MD Andersonでの専修医)は、苦労以外は無かったと思います。 文化の違いはもちろんですが、一番大変だったのは、母国語でない言葉で、一から異なる専門分野を学ばないといけなかったことでした。 でも、それを乗り越えたからこそ、現在、何の問題もなく、こちらでスタッフとして臨床、研究、教育に携わっているので、必要な苦労だったのだと思います。今では全て楽しい思い出です。

後輩へのメッセージ

  • 鉄は熱いうちに打て。
  • 若い時の苦労は買ってでもしろ。
  • 継続は力なり。

この3つの諺は、本当であったと実感しています。 人生もキャリアもマラソンです。 状況に応じてスローダウンしたり、スパートをかけたりする必要があると思います。長く続けられるよう、完走できるよう、頑張ってください。

菊池拓

なぜ血液内科を選んだのか

悪性疾患であっても、適切な治療をすることで根治することができる。 ある意味一発逆転ができる。という魅力があったから。

血液一般チームのサブチーフとして

私たちの大学では、血液チームは二つに別れています。主に移植を行うチームともう一つは、抗がん剤治療はもちろん、他科からの血液疾患関連の依頼も担当するチームです。私はそのチームのサブチーフをしています。大学病院という他科でも幅広い疾患を扱っています。その中で血液悪性疾患だけでなく、良性疾患や凝固異常などを他科と協力しながら幅広く症例を経験できることは当院の魅力です。もちろんそのような中で血液内科専門医の取得も可能です。

なぜ慶應義塾を選んだのか

私は他大学出身で、研修も市中病院で血液内科を中心に後期研修医までの5年間を過ごしてきました。その流れで実は当初は慶應に入局ということはあまり考えていませんでした。医師5年目の時に見学をさせて頂いた際に、臨床のスキルが非常に高く、ここならば自分の臨床能力が確実に向上できると感じたからです。

やりがいを感じる点

やはり患者さんが元気になって退院していくところです。入院していた患者さんが、元気に外来にきてくれる。時間が経つと髪も生えていて入院していたときのイメージが思い出せないなんていうこともあります。そういった過程を患者さんと一緒に経験できるということ、それは何にも変え難い充実感です。

休日の過ごし方

平日はやはり仕事が忙しいですが、休日は家族でただただ遊んでいます。当番制なので、しっかり1日休めます。夏休み(1週間×2)・年末年始休み(1週間)もあるので、夏は常夏の島でまったりと、冬は趣味のスノーボードをしてリフレッシュしています。

後輩へのメッセージ

血液内科は少し忙しかったり、辛かったりすることもあります。全部が楽しいということはないです。ただその反面、こんな患者さんが元気になるんだ!とか、こんな疾患が隠れていて、これはこういうことだったんだ!など日々の発見や充実感は文章で表現できないほどたくさんある科だと思います。他大学出身ですが、特にそのことで仕事がしづらいと思うことはないですし、非常に和気あいあいとして活気のある科だと思います。ぜひ皆さんも慶應の血液内科に入って、充実した医師生活を送ってみてはいかがでしょうか?

甲田祐也

甲田祐也写真

なぜ血液内科を選んだのか

手術なしで悪性腫瘍を治すことが可能だから、です。この一言に尽きます。

なぜ造血幹細胞移植に興味を持ったのか

血液腫瘍は他の悪性腫瘍に比して、若い方にも発症するのが一つの特徴です。血液内科医になると「まだ若くて、これからなのに。化学療法が効かなくてしまって。」という症例に必ず出会います。そのような時でも「まだ治せる可能性はあります!」ということができる治療が造血幹細胞移植です。「治療抵抗性の病気であっても治癒が望める」という点に強く惹かれました。

なぜ慶應義塾を選んだのか

診断、ドナー検索、化学療法、移植そして治癒までの一連の流れに携われる点が魅力的だと感じたからです。また、当院は毎年骨髄採取も数多く行っており、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医の取得も可能です。

やりがいを感じる点

数年前に自分が担当し移植を行った患者さんが、廊下などで元気に声をかけてくださった時です。忙しい時もありますが、それでも今まで頑張ってきてよかった、またこれからも頑張っていこうと思える瞬間です。

休日の過ごし方

休日は当番制ですので、当番でない日は家で過ごしています。最近は、息子とのキャッチボールが楽しみです。

後輩へのメッセージ

「移植のことが全くわからなくて教科書や論文を読んでみたけど、移植の概念などが書いてあるだけで、どのように実臨床で移植が行われているか全くわからなかった」という経験無いでしょうか?造血幹細胞移植はエビデンスだけでなく経験も非常に重要となってくる分野です。先輩方から受け継いだ知識や経験を、今度は先生方に渡していきたいと思っています。

笠原秀範

笠原秀範写真

初期研修・血液内科専攻医を経て、慶應義塾大学血液内科に大学院生として入局しました。

もともと血液臨床のやりがいと興味深さに魅かれて血液内科医を選びましたが、より深く掘り下げて自らの専門性を高めたり、別の角度からの視点を持つために、基礎研究の経験を一度はしたいと思っていました。

大学院生最初の1年目は病棟や外来業務をしながら、大学院必修科目の講義に出席しつつ、空いた時間に研究生活を送るラボ選びを進めました。血液内科の先輩方の中には学内の基礎研究室に飛び込んで大学院生活を送った先輩もおられたので、幅広く見学しました。今後血液内科領域では免疫学の考え方が非常に重要になると考えてもともと興味を持っていた微生物・免疫学の吉村研究室に入らせていただき、大学院2年目以降、3年余り基礎研究に携わりました。初めての実験生活で苦労も多かったですが、血液内科の先生方の理解と協力もあり継続できました。同時に岡本教授外来の補佐業務もさせていただき、忙しい中にもとても充実していました。

岡本教授の血液診療に毎週接し、基礎研究の期間でも血液内科診療から完全には離れず、専門医取得のための診療経験が継続できました。大学院の研究テーマはASHなどの国際学会で発表し、海外の著名な研究者と直接やり取りする機会も得て大変刺激的でした。また、外来業務に携わりつつ患者さんの検体で行う研究の責任者も務め、免疫学の論文で学位を取得後の現在も、院生時代から継続している研究を学内外の基礎研究のラボと共同で進めています。

慶應義塾大学は、診療科としては血液診療・造血幹細胞移植では日本の中枢施設の一つで、質量ともに高いレベルの臨床経験が積めますし、基礎医学領域でも国内のトップラボが集まっていて、チャレンジ精神と向上心を持って臨む方には大きな可能性を提供してくれる環境です。

安部涼平

安部涼平写真

なぜ血液内科を選んだのか

一人の患者さんに対して診断から治療、その後の経過観察まで、一貫して関わることができる科だと思ったからです。外科にお願いすることなく、内科治療だけで悪性腫瘍を克服できるのは血液内科だけの魅力だと思います。

なぜ慶應義塾を選んだのか

後期研修時にお世話になった先生が慶應大学の出身であったことが直接のきっかけです。臨床医としても人間としても尊敬できる上司であり、同じ環境でトレーニングを積むことで少しでもその人に近づきたいと考えました。

慶應大学血液内科の魅力

医局員同士の仲が良いことです。慶應大学とは縁もゆかりもないところからやってきたため、内部出身者との間に壁があったらどうしよう、と不安に思いながらの入局でしたが、そのようなことは全くありませんでした。 診療チームは同種移植を主に担当するチームと化学療法の導入や他科からのコンサルテーションなどに幅広く対応するチームとに分かれており、両方をローテートすることで血液内科医としてのトレーニングをバランスよく積むことができます。来院患者数が多く、症例が豊富であることも魅力の一つです。

やりがいを感じる点

予定された治療をやり遂げて患者さんが退院していくときです。EBMが普及し、疾患毎の標準治療が整備された現代ですが、実臨床では理想通りにいかないことの方が多いように思います。合併症を抱えていたり、なかなか病気に立ち向かう気持ちになれなかったり、様々な問題を抱える患者さんをトータルでマネジメントして安全に治療を進めていけるかどうかが医師の腕の見せ所だと思っています。

後輩へのメッセージ

研究や教育にも力を入れつつも、決して臨床に手を抜かないところが当科の特長だと思います。たくさんの先生方と、ともに腕を磨いていければ嬉しいです。

山口健太郎

山口健太郎写真

なぜ血液内科を選んだのか

血液内科は進歩のスピードが最も早い分野の1つであり、新しい治療法、治療薬、疾患概念などが次々に出て来ます。数年前の知識すら、既に古いことがあります。患者様のために活かせる知識を常にupdateして、生涯学んでいきたいと強く思い、血液内科を専門科に選びました。また、血液疾患は全身疾患であり、原病や化学療法の副作用などが生じた際には特に全身管理を要するため、総合的な内科力が必要となります。内科力を練磨することが出来るのも、血液内科の魅力の一つです。

なぜ慶應義塾を選んだのか

若い時こそ忙しく、しっかりとした教育を受けて正しい診療を学ぶべきだと考えております。慶應義塾には経験豊富な血液内科医が多く在籍しているため、私のような考えの医師には最も適切な環境だと思ったため、慶應義塾を選びました。当科の移植班はチーム制を敷いており、1チームごとに血液内科医がペアとなって診療を行います。移植医療の経験が十分ではない段階でも、ペアの先輩医師と密に相談しながら診療を進めることができ、些細な疑問であってもロジスティックに議論することが出来るため、非常に有意義です。血液内科医として大きく成長できる環境であると感じています。

メッセージ

血液内科は忙しい診療科ですが、仕事のやりがいを大いに感じることができる診療科でもあります。慶應義塾では様々なジャンルの血液疾患を、経験豊富な先輩医師の指導を受けながら、アクティブに経験することができます。あなたも慶應義塾で、気品と智徳を兼ね備えた”一流”の血液内科医を一緒に目指しませんか?

増田恭子

血液内科を選んだ理由

わたしは学生の頃から内科系を考えていました。患者さんの全身管理を通して複雑な病態を考え、それに立ち向かってゆきたいと学生ながらに思っていたからです。そんな中で、血液内科では悪性疾患であっても目覚ましく進歩する化学療法や移植といった内科的治療によって寛解や治癒が目指せます。そこにやりがいを感じました。

慶應血液内科の魅力

わたしが慶應を選んだ理由の一つには、母校ということもあります。ですが最も大きな理由は、やはり高い臨床スキルを誇る先生方の背中を見て「ここなら成長できる、力がつく」というビジョンが浮かんだからです。

休日の過ごし方

全身状態が変化しやすい科であり、やはり平日は忙しいです。一方で当番制の病院では休日はしっかり休んだり、遠出もしたりとリフレッシュができています。体力的な大変さからみても、血液内科は女性にとっても比較的働きやすいところかなと思います。

後輩へのメッセージ

最近は、内科に進んでも大学の医局に入らないという方も多いでしょう。そういう方でも、臨床にも研究にも力を入れている慶應血液をぜひ進路に考えてほしいと思います。命に関わる疾患と戦うやりがいが、基礎医学と結びついた科。そんな血液内科で皆さんと一緒にお仕事ができることを楽しみにしています。