慶應義塾大学医学部 血液内科

Division of Hematology Department of Internal Medicine Keio University School of Medicine

血液内科トップ教育研修プログラム > 専門研修のご案内

教育 専門研修のご案内

専門医制度

 2018年度から新内科専門医制度が開始されました。新制度では基本領域の新・内科専門医を取得後に血液専門医、感染症専門医などの各専門内科の専門医(サブスペシャルティ専門医)を取得する二段階制になっています。
新・内科専門医(基本領域専門医)取得の研修期間は3年間です。修了要件として、カリキュラムに定められた70疾患群のうち、最低56疾患群以上、計160例以上の症例を主担当医として経験する必要があります。また、基幹施設で1年間以上、基幹施設以外(連携施設または特別連携施設)で1年以上の研修が必要となります。
慶應義塾大学医学部内科学教室は、2018年度から新たに4年間の専修医プログラムを始めました。新・内科専門医取得のための研修は、慶應義塾大学病院1年間と異なる連携診療施設で1年間ずつの合計3年間です。4年目は慶應義塾大学病院で専門研修を行います。

研修制度の図
画像をクリックでpdfファイルが開きます。

 1年目(医師3年目:D3)を慶應義塾大学病院から始める慶應スタートコースまたは連携診療施設での研修から始める連携スタートコースのいずれかを選択できます。連携診療施設は希望に沿って調整が行われます。また、大学病院と連携診療施設での研修を通じて専門医を取得する上で必要な症例を十分経験することができます。
専門内科の決定(入局)は、専修医プログラム応募時または1年目の研修中に行います。専門内科の選択に迷っている場合はその診療科を経験した上で入局先を検討できる点も魅力です。 
大学院への進学は、慶應スタートコースでは3年目(医師5年目:D5)、連携スタートコースでは2年目(医師4年目:D4)から可能です。
研修内容については、教育体制や到達目標もご覧になって下さい。 

連携診療施設①(8病院)

  • 済生会中央病院
  • 東京医療センター
  • 川崎市立川崎病院
  • けいゆう病院
  • 横浜市民病院
  • さいたま市立病院
  • 東京歯科大学市川総合病院
  • 済生会宇都宮病院

連携診療施設②(21病院)

  • 足利赤十字病院
  • 佐野厚生病院
  • 川崎市立井田病院
  • 済生会横浜市東部病院
  • 平塚市民病院
  • 国立病院機構 埼玉病院
  • 東京都立大塚病院
  • 国際医療福祉大学三田病院
  • 永寿総合病院
  • 北里研究所病院
  • 日野市立病院
  • 埼玉メディカルセンター
  • 日本鋼管病院
  • 練馬総合病院
  • 荻窪病院
  • 河北総合病院
  • 静岡赤十字病院
  • 立川病院
  • 榊原記念病院
  • 国立がんセンター
  • 国立がんセンター東病院

専門医の到達目標

血液
Ⅰ.知識
  1,形態,機能,病態生理 造血臓器および血球の構造と機能  
  血液細胞の発生と分化
血漿蛋白質
止血機序
Ⅱ.専門的身体診察
  1,貧血症状の診察  
2.出血傾向
3.リンパ節腫脹
4.肝脾腫
Ⅲ.専門的検査
  1.末梢血血算と赤血球指数
末梢血塗抹標本の作成と検鏡
   
2.骨髄穿刺・生検、骨髄像の評価 1.骨髄穿刺
2.骨髄生検
3.骨髄像の評価
3.細胞化学検査  
4.造血因子・造血関連物質測定
5.溶血に関する検査
6.細胞表面抗原検査
7.血漿蛋白質検査
8.出血時間,血小板機能検査
9.凝固・線溶系に関する検査
10.染色体検査,分子遺伝学的検査
11.腰椎穿刺,脳脊髄液検査 1.腰椎穿刺
  2.脳脊髄液検査の評価
12.画像検査  
Ⅳ.治療
  1.血液疾患に対する食事療法    
  2.血液疾患に対する薬物療法 1.鉄剤・葉酸・ビタミンB12
    2.アンドロゲン、蛋白同化ホルモン
副腎皮質ステロイド
    3.免疫抑制療法
    4.造血因子製剤,凝固因子製剤
    5.抗腫瘍薬
    6.制吐剤
  3.血液疾患に対する輸血療法  
  4.造血幹細胞移植  
  5.血液疾患に対する特殊治療  
Ⅴ.疾患
  1.赤血球疾患
  1.出血性貧血  
2.鉄欠乏性貧血
3.巨赤芽球性貧血
4.溶血性貧血
5.再生不良性貧血
6.赤芽球癆
7.二次性貧血
2.白血球系疾患
  1.類白血病反応  
2.無顆粒球症
3.急性白血病 急性骨髄性白血病
急性リンパ性白血病
4.慢性白血病 慢性骨髄性白血病
慢性リンパ性白血病
5.骨髄異形成症候群  
6.骨髄増殖性疾患 真性多血症
本態性血小板血症
原発性骨髄線維症
7.悪性リンパ腫 ホジキンリンパ腫
非Hodgkinリンパ腫
8.成人T細胞白血病/リンパ腫  
9.伝染性単核症
10.血球貪食症候群
3.血漿蛋白異常症 1.多発性骨髄腫/MGUS
4.出血・血栓性疾患 1.ITP
  2.血小板機能異常症
3.血友病
4.DIC
5.TTP/HUS
6.先天性凝固因子欠損症
7.HIT

当科で取得可能な資格

  • 日本内科学会内科専門医・指導医、総合内科専門医
  • 日本血液内科専門医・指導医
  • 日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医
  • 日本感染症学会認定感染症専門医・指導医