慶應義塾大学医学部 血液内科

Division of Hematology Department of Internal Medicine Keio University School of Medicine

血液内科トップ教育研修プログラム > 初期研修のご案内

教育 初期研修のご案内

プログラム

当院では大学一貫コース(2年間大学病院)、地域-大学循環コース(大学病院と市中病院と1年ずつ)の2つのプログラムがあります。どちらのプログラムでも1年目はターム毎に決められた期間(7、8、11週)、2年目の選択期間では4週から血液内科を選択することが可能です。

経験目標の大部分が当科研修中に経験できます。特に輸血や抗生剤、抗癌剤の投与は当科が最も関わる診療科になります。詳細については、卒後臨床研修センターのプログラムをご覧下さい。

経験できる疾患

経験可能な代表的疾患は下記の通りです。

  • 急性骨髄性白血病、急性リンパ芽球性白血病
  • 慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病
  • 骨髄異形成症候群
  • 骨髄増殖性疾患:真性赤血球増加症、本態性血小板血症、骨髄線維症
  • 悪性リンパ腫、成人T細胞白血病リンパ腫
  • 多発性骨髄腫
  • キャッスルマン病、POEMS症候群
  • 鉄欠乏性貧血、自己免疫性溶血性貧血 、再生不良性貧血
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症
  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • 血友病、凝固因子欠乏症
  • 血球貪食症候群

経験できる治療

  • 化学療法
  • 放射線療法
  • 造血幹細胞移植(自家・同種)

経験できる手技

  • 骨髄穿刺・生検
  • 腰椎穿刺・胸腔穿刺・腹腔穿刺
  • 末梢挿入中心静脈カテーテル(PICC)