慶應義塾大学医学部 血液内科

Division of Hematology Department of Internal Medicine Keio University School of Medicine

血液内科トップ教育研修の実際 > ローテーションを終えた研修医・専修医の感想

教育 ローテーションを終えた
研修医・専修医の感想

研修医

H.M.
(ローテート期間:2017年10月~12月)

慶應義塾大学病院血液内科をローテートして

私は約10週間の期間で血液内科の移植グループで研修をさせて頂きました。特に、寛解導入から実際の移植に立ち会い、移植後経過までの症例を担当させて頂けたことで、血液内科の医師がどのようなことを考え患者と向き合っているかということを学ぶことができ、とても強く印象に残った研修となりました。実際の治療おいては、個々のリスク因子や染色体異常などに応じてどのような治療が最適かを様々な論文を調べ選択し、それが実際の治療に結び付く過程がとても興味深いと思いましたし、血液内科の先生方が、今後患者が辿るであろう経過を推定し現在の治療選択や患者とのコミュニケーションを図られており、その膨大な知識と血液内科医としての専門性に圧倒されました。また、治療経過のなかで感染症などの合併症、副作用の出現をいかに早く気づき対処するか、その基本を一から教えていただき、それは内科医の基本となる”全身を診る”ということにつながるものだと思いました。指導医の先生はもちろん、移植チームの先生方全員が指導に熱心であり、様々なことを時間を割いて教えていただき、それらの知識は今後の研修の糧となっています。10週間と短い期間ではありましたが、担当して頂いた先生方含め、慶應義塾大学病院血液内科の先生方に感謝申し上げます。ありがとうございました。

S.A.
(ローテート期間:2018年2月~3月)

血液内科を選択して

私は将来整形外科に入局することを視野にいれて当院で初期研修することを選択しました。なので内科を選択する時にとても悩みましたが、思い切って当時外科とは一番イメージがかけ離れた血液内科をあえて選択してみました。

それまで様々な科をローテーションしましたが、私は血液検査の結果はざっくりしか見ていませんでした。私の性格のあるかもしれませんが、少し値が変化してもだいたい誤差の範囲内だろうとか、経過観察でいいのでは?と思ってしまい、しっかりassesmentすることはほとんどなかったように思います。その状態で血液内科の研修が始まり、血液検査だけでなく、様々な身体所見に対して丁寧にassesmentする先生方に最初は驚きがありましたが、どの科に進むにしても医師としてとても大切なことだったと思います。

また、私は研修をするにあたり整形外科だけでなく、救急科にも興味が出ていました。そういった、私の将来の進路も考慮していただき、進路に合わせてためになるであろう症例を抽出して割り振ってくださり、とても自分のためになる期間であったと思います。

血液内科に興味がないから、選択しないのはとてももったいないと思います。血液内科的な知識だけではなく、電解質、輸液、栄養、抗菌薬などについて手厚いご指導を戴き、たくさんのことを学ぶいい機会でした。どの科に進むにしても、内科の基本的な考え方は初期研修医のうちに勉強するべきことだと思いませんか?

ぜひ、選択をオススメします!!!

I.Y.
(ローテート期間:2018年6月~7月)

私は放射線科を考えていて、腫瘍の勉強をしたかったため選択いたしました。実際ローテートしてみて、血液腫瘍のことだけではなく抗菌薬など一般内科的な知識もたくさん学ぶことができました。昨年度の内科ローテートは正直きちんと勉強していたとは言い難かったですが、血液内科での4週間は密度の高い勉強をさせていただきました。採血データが基準値範囲内で変化した場合は見落とすことが多かったのですが、1つ1つアセスメントする習慣がつきました。 選択してみて血液内科にも興味が湧きました。4週間ありがとうございました。

専修医

I.Y.
(ローテート期間:2017年8月~10月)

血液内科の研修を終えて

私は2年間の初期研修を終え、現在医者3年目となりました。初期研修は循環型コースのため、1年目は関連病院、2年目は慶應大学病院で研修しました。初期研修でローテートした科で血液内科は最も回って良かった科の1つです。

もともと血液内科が志望科の1つだったこともあり、本当に充実した2ヶ月間の研修でした。市中病院ではなかなか見ることのできない造血幹細胞移植ですが、2ヶ月の研修期間中に骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植を見ることができ、自家移植の症例も経験することができました。また、白血病やリンパ腫のスタンダードな治療から治験まで幅広く経験することができ、大変勉強になりました。大学病院ではなかなか手技はやらせてもらえないというイメージでしたが、骨髄穿刺や腰椎穿刺もかなりの件数をやらせていただきました。血液内科を勉強するにはこの上ない素晴らしい環境でした。

また、内科全般の知識についてもしっかりとご指導いただきました。補液や抗生剤、電解質などの基本的な知識から丁寧に教えていただき、現在もその時の知識が本当に役立っています。また、どの先生方も他科の分野についても内科医としてのベースがしっかりしており、自分達で精査し診断をつけ治療ができ、素晴らしい先生方の下で研修できたことは、大きな財産となりました。

科の雰囲気もとても明るく、上級医の先生に飲みに連れて行っていただいたりと、とても楽しく充実した研修期間を過ごすことができました。血液内科をローテートし、指導医の先生に出会えたこと、ご指導いただけたことは私の医師人生で大きな財産だと思っています。血液内科志望の方はもちろん、そうでない方も素晴らしい先生方の下で充実した研修を受けられることは間違いないので、血液内科をローテートすることを強くお薦めします!

Y.S.
(ローテート期間:2017年12月~18年1月)

血液内科では移植チームをローテートさせていただきましたが、自家造血幹細胞移植・同種造血幹細胞移植など様々な移植医療に携わる事が出来ました。1日のスケジュールですが、朝病棟に行き、患者さんを回診し、採血データを確認し、採血データを踏まえて輸血などの対応を行い、移植・骨髄検査などがあれば指導医の先生と一緒に入るという流れです。病棟業務を行い、夕方は指導医の先生と一緒に回診をし、1日が終わります。また、曜日によって教授回診やカンファレンスなどが行われるため、適宜参加し、治療の全体像を把握します。

専門性が非常に高く一見すると学習のハードルが高い血液・移植領域ですが、慶應では指導医の先生とチームで病棟業務を行うため、分からない事はすぐに教えていただける環境で、スムーズに学ぶことが出来たと感じており、深く感謝しております。また、週1回行われる教授回診は、英語で行われますが、重要なポイントを的確に指導してくださるため、とても勉強になります。重症な患者さんが多い血液内科病棟ですが、指導医の先生方の雰囲気も良く、看護師さんも優しいため、和やかな環境で研修をさせていただいたように思います。血液疾患についての知識は勿論、GVHD・真菌感染症・ICUでの全身管理など、血液疾患以外についても様々な事を勉強させていただきました。また移植医療は長期間で行われるため、ローテートしている期間だけでは治療が完結しないのですが、様々な治療のフェーズの患者さんを担当させていただき、カンファレンスや教授回診で担当外の患者さんも勉強させていただく事で、移植医療の全体像も学ぶ事が出来たように思います。

このように慶應の血液内科は非常に教育的で、とても充実した研修を行う事が出来ました。ご指導いただいた皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

T.T.
(ローテート期間:2018年4月~5月)

私は内科全科ローテーションの一環として血液内科の移植病棟で2か月間研修させていただきました。移植医療に触れるのは初めての機会でしたが、指導医の先生方は血液疾患の移植に伴う特有の合併症などの専門的知識のみならず、身体の栄養や免疫および全身管理など基本的ですが重要な事項についても丁寧にご指導くださりました。指導医の先生が常にどなたかおられ、疑問点問題点をすぐに相談できるという体制と相俟って、現在は将来どの科に進んだとしても最低限理解しているべき基本を習得している時期だと認識している私自身にとって極めて有意義で貴重な期間となりました。また、指導医の先生方は、病棟での真摯に医療に取り組む姿勢と共に、食事会などではリラックスした姿も見せてくださり、オンとオフの切り替えを含め自分自身の生活管理についても学ぶことができました。充実した研修の機会を与えていただいたことに感謝しております。ありがとうございました。

O.T.
(ローテート期間:2018年6月~7月)

私は医師三年目で慶應義塾大学循環器内科に入局し、大学病院での内科全科ローテーションの一環で血液内科の移植病棟を約2ヶ月間ローテートさせて頂きました。私の初期研修病院では血液内科がなく、血液内科疾患にふれるのは学生ぶりということもあり、ローテーションに際しては非常に不安を感じていましたが、それは要らぬ心配でした。

移植病棟に入院している患者さんはもちろん移植適応ということもあり、重症度が高く、病歴が長い方も多いため経過の理解に難渋しましたが、指導医の先生方は個々の患者さんの経過を一から丁寧に説明して下さり、疾患概念と治療方針を理解することができました。免疫抑制剤や抗がん剤の使用に伴い感染症には常に注意を払っているため、抗菌薬・抗ウィルス薬・抗真菌薬の使用法についても改めて学ぶことができ、また、骨髄穿刺や腰椎穿刺、中心静脈カテーテル挿入などの手技に関しても快く御指導して頂きました。このような内科医として必要な知識及びスキルを学ぶことが出来るのは血液内科ローテーションの大きな利点だと思いました。さらには手術室で行う骨髄採取やヒックマンカテーテル挿入術の補佐も経験させて頂きました。

休日は当番制となっており、オン・オフが明確でしっかり休養出来たことも良心的でした。指導医の先生方は教育熱心な方々ばかりで、優しく丁寧な御指導により非常に有意義な研修期間となりました。短い期間でしたが、本当にお世話になりました。ありがとうございました。